グループウェアの種類について

企業のほとんどで導入されている業務用のシステムソフトウェアであるグループウェアですが、一概にグループウェアといっても全てが同じものであると言うわけではありません。

業種によってある程度カスタマイズされているものもありますし、その特徴によって大きく3つに分けることが出来るようになっています。

大手小町を利用するなら此方のサイトです。

グループウェアは大きく分けると「クライアントサーバー型」「ASP型」「P2P型」に分けられており、その中のASP型とP2P型はクラウド機能を搭載していると言う特徴を持っています。

クライアントサーバー型はサーバーマシンを導入して利用することが出来るようになっており、導入の敷居がほかの2つよりも若干高めにはなっていますがその分セキュリティ面と動作速度面が優れており、導入さえ出来れば非常に優秀なグループウェアとなっています。



対するASP型とP2P型はマシンを必要とせずにサーバー内で利用することが出来るようになっているので非常に導入しやすくなっていますが、その分セキュリティ面に気をつけなければいけませんしサーバーダウンしてしまうと利用できなくなるなどのデメリットもあります。



このようにグループウェアにはそれぞれ種類や特徴が存在しており、それによって利用に適している企業の傾向と言うものも異なっています。

なので、自分の企業の規模ではどの程度のものが適しているのかを把握して利用することが重要となっていると言えるわけです。